アンティークプリント展

0

     先日、ボタニカルアートのアンティークプリント展を見に行ってきました。
    コレクションを増やそうと思って。
    勿論、時計草のものを。

    Buch der Welt

    これはドイツの植物図鑑のもの。"Buch der Welt"
    画家は不明。サイン等が残されていない。

    以前からこの版画は知っていましたが、あまりに強烈な色彩と、太い線に圧倒され、敬遠していました。

    しかし、これが夢に出てきてしまったのです。

    それも額装付きで…

    額装は付けませんでしたが、購入…こういう運命だと思って。

    ドイツらしいというか…
    はっきりとした実線、原色。
    直ぐにデューラーの版画を連想してしまう。

    版画の良い所は、その手頃さでしょう。量産出来て、低価格。
    オーナーの方が「複製画はどんなに頑張っても(時間が経っても)複製画でしか無いので、直ぐ手に入る」という主旨の事をおっしゃっていた。
    複製画…
    しかし、今の技術とは異なる…ともすれば、失われた技術であったら、それには価値が生まれるのであろうか?
    最も、版画の“価値”は即ち“希少性”ですが。

    現在の技術、デジタルアートはどの位残るだろうか?

    時計草…
    奇想の美。

    言わずもがな、日本では西洋の時計が入って来た後に、この花が輸入されたため、この名前。花弁が時計の文字盤、雌しべが時計の長針・短針・秒針に見えるから、和名ではトケイソウ。

    パッションフラワーの事。
    私はこの呼び方も好きですね。キリスト受難の花。
    宣教師がこの花を初めて見た時、巻きひげに鞭を、花に十字架と3本の釘と使徒の姿を、葉に穂先とキリストを売ったユダが手にした30枚の銀貨を見出したという。
    そのセンスに乾杯。

    この花が好き。思い入れがあるから。

    アンティークプリントのコレクション、暫くはこの主題で収集しようと思います。

    …欲しい版画、多いです。レオノール・フィニや山本六三氏のものも、欲しい。
    いつか手元に置けたら良いな。


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.07.11 Saturday
      • -
      • 22:09
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      search this blog

      PR

      Site

      Lux†Nox

      Ranking

      PVアクセスランキング にほんブログ村 VerbaVolant,ScriptaManent. - にほんブログ村

      Collection

      Click to Donate

      Useful

      OTTAVA(オッターヴァ)

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      パンズ・ラビリンス DVD-BOX
      パンズ・ラビリンス DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

      大人向けダークファンタジー。
      しかし、子供の頃を思い出させるディティール。
      現実と幻想、決して交差せずとも互いに影響しあう。
      そこで彼女は何を得るのか。

      recommend

      links

      profile

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      punto