仙冦藥

0

    JUGEMテーマ:展覧会

    『仙冦藥勝戰船薀

    公式Facebook:
    https://www.facebook.com/sengai2018/

    またしても、終わってしまった展覧会。
    最近、会期内にブログを書けないことが残念なのだけど……
    丸の内・出光美術館( http://idemitsu-museum.or.jp/ )にて。

    禅画を鑑賞するのは、2013年の白隠展以来だった。
    禅とはとっつきにくいものではないと、庶民にもわかりやすく伝わるように普及に努めた、仙僂硫莇箸魍栖峺る展覧会。

    充実したセカンドライフ?

    展覧会の冒頭から、広告にも使われている《老人六歌仙画賛》など、老いを面白おかしく表現し、ありのままの自分であることを肯定するような印象の作品だった。

    老いることの恐怖がありながら、それを笑いとするユーモアがあることに驚く。
    現代人は老いを悲観しているのに、この江戸時代の高僧は歌の中で驕りを戒め、逆説的に肯定していた。

    こんな発想の源泉はどこにあるのだろうか?

    仙僂榔5鏝紊暴国を旅していた様子。旅をしながら創作へのインスピレーションをまとめ、それを後に清書している。
    その備忘録(アイデア帳)と清書した掛け軸などが展示されており、仙僂虜邁莠蟒腓鯀杼する。

    仙僂虜酩雰欧魎僂道笋蓮△修Δ靴織罅璽皀△慮酸瑤、ご隠居坊主の充実したセカンドライフ故だと思っていた。
    現役を引退してから諸国行脚して絵を描く……現代を生きる私にも羨ましいレベルの老後だと思っていたが、引退した僧侶の余生を楽しむ趣味としてだけではなく、禅の思想を極めるため、その普及のためのものだった。

    仙僉坩豈濮蟆荵拭

    《一円相画賛》の哲学的な真理を極めたような図像は大福に見立てられ、「食ってしまえ」と言ってのけられ、《座禅蛙画賛》は若い坊主に傲りを諌めるため蛙に見立てられていた。
    禅を志す者には禅の教えを、そうでなければ一時の心の和みを、見るものに与える。


    私が特に興味を持ったのは、《一円相画賛》や《〇△□》にみられる、美しい正円。
    美しい正円を一筆書きできる技術と集中力もさることながら、サブカルチャーに現れた元ネタ、そこに込められた意味に思いを巡らせてしまった。

    映画『メッセージ』(※1)で宇宙船内の知的生命体が使うコミュニケーションツールの筆書きされた円形のような〈文字〉。
    ホラー漫画家として有名な楳図かずおによるSF作品『私は真悟』で、それまで“四角”だったコンピューターの真悟が通信衛星とアクセスし、“三角”(知識、関係性、自我の獲得)へと進化してついに“マル”(地球そのもの)になった、という件がある。 その元ネタとの遭遇でもあった。

    わたしは真悟 文庫版 全7巻 完結セット (小学館文庫) [コミックセット]

    〇△□

    仙僉圈拶あ◆

    古くから様々な解釈が試みられてきた。真言と天台と禅、神道、儒教、仏教であるとか、ストゥーパ(卒塔婆)に見る仏教的宇宙観の水と火と土である(※2)とか……

    衛藤吉則氏が指摘されているように、〇から描いたと見えるが、図形が重なった部分の墨のにじみ方からすると、薄墨の□から描き始めて少し濃い墨で〇を描いたことがわかる。そして最後に、〇と同じ濃さの墨で一番左に空けておいたスペースに落款を入れたのである。衛藤氏は、だから「〇△□」ではなくて「□△〇」であるとされる。ただ、自然な見え方は「〇△□」である。少なくとも仙僂蓮△修Ωえることを想定していた。

    中山喜一郎「儔荳蚤腓離淵勝,気泙兇泙焚鮗瓩鮴犬澆世杭酩

    中山喜一郎監修『仙(せんがい):ユーモアあふれる禅のこころ (別冊太陽 日本のこころ)』p.108

    仙(せんがい):ユーモアあふれる禅のこころ (別冊太陽 日本のこころ)

    手紙に□から△、〇への到達の道筋が、仙僂砲箸辰討量槁犬世辰拭ならば何故そう描かなかったのか?〇△□は自然の流れで、自分は逆に進むことで真理に至る道であるというような意図ではないかと中山氏は解釈していた。

    仙僂鮴祥亮匆颪望匆陲靴仁詭畋臉曚蓮屐拶あ◆廚鬟罐縫弌璽垢伐鮗瓩靴討い(※3)

    狩野派のテイストを再現できるほどの画力がありながら、「それでは禅の本質が伝わらない!」とゆる〜い禅画を描いた仙僉
    見ている人が絵の内容に関心を持たないことを懸念した考えに、仙僂禅僧であることを強く意識させた。

    会場片隅のパネルで紹介された、参考資料の想像の豹は迫力がある。
    それは小さな画像にもかかわらず、細密な描写が見て取れる。
    なぜ画才に重きを置かなかったのか……
    欧州の画家たちとは違う発想に、私は驚かされた。

    ヘタウマ絵

    仙僂發修鵑文遜な姿勢から禅画を描いていた訳ではなさそうだ。

    《龍虎画賛》は、龍虎図からイメージされる迫力からは程遠い……その上ご丁寧に、龍図には 是何曰龍 人大笑吾亦大咲(これは何かと問われ龍だと答えたら、大笑いされ自分も一緒に大笑いした) 、虎図には 猫乎虎乎 将和唐内乎 (猫か虎か まさに和唐内(※4)か)という賛まで添えられている。

    酒の肴?か、商人が幽霊画を床の間にかけて招いた客人を驚かせて楽しんだように、自身の絵を笑いのネタにしていた。

    収集品

    神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展』でのルドルフ2世の蒐集癖に驚かされたが、仙僂發泙燭舛腓辰箸靴進舒Α⊆集癖があった模様。
    もっとも、ルドルフ2世とは違い、珍しいものは何でも集めるという支配的なものではなく、会場に展示されていたものは、愛着を持った道具といった風だったが。

    独自の美意識で集めたものは、茶碗や不思議な形をした自然の石をそのまま硯として使ったというものまで。

    仙僉壘載竸沺

    「やほよろづ」への愛情は、仙僂さまざまなモノを愛したことにも繋がっているははずである。
    変わった形の石や貝、あるいは硯(すずり)や落款(らっかん)、矢立(やたて)、茶碗、茶碗箱なども、仙僂歪垢いとおしむように使い、触り、また眺めていたものと思える。「豊侈(ほうし)を尊ばず」と自ら書くように、それらはけっして高価なのではなく、むしろ珍奇なのだ。こうした趣味と、権威を求める傾向は、私の経験ではけっして両立しない。

    仙僉〔桔,料』p.117

    仙僉覆擦鵑い) 無法の禅

    その極みは展覧会会場の最後に掛けられていた。《涅槃図》はその名の通り、仏陀の涅槃図に擬(なぞら)えた自身の今際。
    身近な人々と大好きな物品に囲まれ、悲しみよりも、ここでもまたユーモアが溢れる。
    年齢だけでなく、人生そのものが大往生だったんだな……と思うと、微笑ましい。

    1. 映画『メッセージ』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ
      http://www.message-movie.jp/(2018/12/2確認)
    2. 仏塔・五重塔・塔婆
      http://tobifudo.jp/newmon/tatemono/sutupa.html(2018/12/2確認)
    3.   中山喜一郎監修『仙(せんがい):ユーモアあふれる禅のこころ (別冊太陽 日本のこころ)』p.109
    4.   近松門左衛門の浄瑠璃「国性爺合戦」の主役・和藤内のこと。
      和藤内が、日本人でも中国人でもないとうそぶくことになぞらえている。また和唐内が「わからない」とも読めるという洒落も入っている。
    ブログランキング
    にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.14 Monday
      • -
      • 22:27
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      search this blog

      PR

      Site

      Lux†Nox

      Ranking

      PVアクセスランキング にほんブログ村

      Collection

      Click to Donate

      Useful

      OTTAVA(オッターヴァ)

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      パンズ・ラビリンス DVD-BOX
      パンズ・ラビリンス DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

      大人向けダークファンタジー。
      しかし、子供の頃を思い出させるディティール。
      現実と幻想、決して交差せずとも互いに影響しあう。
      そこで彼女は何を得るのか。

      recommend

      links

      profile

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      punto