ダークナイト

0
    JUGEMテーマ:映画の感想

    ジョーカー

    『ダークナイト』見ました。

    映画公開時も良作と評価 の声を多く聞きましたが、本当に良い映画でした。
    映画史に残る作品ではないかと思います。

     前作『バットマンビギンズ』もただ旧作のリメイクに留まらないものでした。娯楽としてだけでは無く、リアリズムと“正義を行使するという事”に対する問題定義、犯罪を暴き、裁く手段にある苦悩など、情報が多く盛り込まれ、心理描写も良かった。
     その続編にあたる『ダークナイト』前作とその問題定義は変わらない。
     旧作でもインパクトがあった敵役“ジョーカー”が現れる。やはり注目すべきは彼の存在。
    旧作を凌ぐ悪意、絶対悪と言って良いキャラクターでした。
    協力者を誰一人として信じていない。
    “恐怖”によって相手を服従させる。
    それほどの悪意は一体何処から来るのか――?
    口が避けている理由を、ストーリーテラーよろしく語りますが、幼児期の虐待を仄めかすその内容は、大まかな筋は変わらないものの、相手によってデティールが異なる。
    “嘘っぽく”聞こえる。
    彼は自身の悪意を、両親や社会のせいにはしていないように思えます。
     この役をこなした、ヒース・レジャー氏。亡くなられたのが惜しまれます。

    この“ジョーカー”の存在は言うまでもなく脅威ですが、更に恐ろしいのは、市民。
    義憤、命の危機から、貧しさから、そして犯罪への憎悪さえも新たな犯罪を招く。

    それは情報に踊らされる大衆であり、人間の姿。

    ただバットマンが“闇”の部分から手を回すだけでなく、少数ながら表舞台“光”の側からバットマンを支える協力者も現れる。
    バットマンは彼らを正義を正面から行使する“光の騎士”として、協力し見守るスタンスをとるものの、彼が望みをかけた人物は、愛する人の死と共に、復讐鬼と化してしまう。
    顔の半分が黒く焼け焦げたその姿は、光の騎士の面、両面が同じコインに象徴された不変の失われた姿か、正義を行使せんとする人間が抱える闇か、死の暗示か。

    無実の罪を背負いながら、街を見守る姿勢は、正にヒーロー。
    やはりヒーローは孤独になる。真実を覆い隠して。

    それでも希望はある。
    ジョーカーの“実験”に巻き込まれ、民間人と囚人が互いに相手を殺さねば助からない状況に陥った時、騒然となるものの、互いに起爆装置を押さず、自身の死を覚悟した。
    それは正に奇跡というもの。

    自身が助かるために相手の命を殺せるか、罪を犯せるか。
    この場合、『カルネアデスの舟板』のような状況。
    参考:カルネアデスの板(ウィキペディア)
    それでも彼らは互いにそうしなかった。自己犠牲や相手を信じる美しさがちゃんと示されている。

    そんな事に感嘆した。

    思い出されるのは、“「真理」にかけられたヴェールを剥がす「時」”の寓意画。
    その絵画の作者がわからなく、調べがつかなかったので、似た絵画を…

    「時」と「真理」

    ここに載せた絵画は、ブロンズィーノ《「愛」の勝利の寓意》の上部ですが、「時」の擬人像である翼を生やした老人が、「真理」の擬人像にかけられたヴェールを取る、「真理」が隠された真実が明るみになることを表している。
    もっとも、この《「愛」の勝利の寓意》は特殊なので、この解釈からズレがありますが。

    時が経てばいずれ、それはあくまでも希望。

    良い映画でした。
    人間の、正義の核心に迫る描写が、それを疑似体験できるストーリー構成が、素晴らしい映画でした。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.21 Thursday
      • -
      • 22:21
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      この記事を書いてから3年…
      地上波放送による『ダークナイト』を昨日見た。
      私が改めて抱いた感想は、フェリーのシーンで互いに爆破スイッチを押さなかった所。
      囚人達は自己犠牲の精神だったと思うが、
      市民は『罪を犯したくない』という思いから押さなかったのではないか。
      という事だった。
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      search this blog

      PR

      Site

      Lux†Nox

      Collection

      Click to Donate

      Useful

      OTTAVA(オッターヴァ)

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      パンズ・ラビリンス DVD-BOX
      パンズ・ラビリンス DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

      大人向けダークファンタジー。
      しかし、子供の頃を思い出させるディティール。
      現実と幻想、決して交差せずとも互いに影響しあう。
      そこで彼女は何を得るのか。

      recommend

      links

      profile

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      punto