映画『プロメテウス』感想

0
    JUGEMテーマ:映画

    公式サイト
    http://www.foxmovies.jp/prometheus/

    私は満足している。
    公開以前に得た情報では、1作目のリドリー・スコット監督による、『エイリアン』の前日談/スピンオフ作品という事もあり、元々期待値が高かった。『エイリアン』冒頭における謎の遺跡(宇宙船)の巨大エイリアンに纏わる物語だという。
    故・H.R.ギーガーのヴィジョンを再び見れたことだけでも嬉しい。
    ただ、1作目『エイリアン』は「SFホラー」というジャンルに区分けされるが、『プロメテウス』は完全な「SF」だった。

    ネタバレ込みの映画感想

    映画冒頭で、太古の地球で後に“エンジニア”と呼ばれる存在が黒い液体を煽る。すると“エンジニア”は遺伝子レベルで分解されてしまい、足を滑らせ滝に落ちる。
    水の中、分解された遺伝子は再構築され細胞化・生命として発現する。
    物語の登場人物達は知る由も無い人類の起源。

    思うに、“エンジニア”も人類と同じ存在に過ぎないのではないだろうか。或いは“エンジニア”も人類も「その程度」の思考しか持っていなかった。
    人間が自らを創造するが故に超越した存在であるというものは勝手な想像に過ぎない、ということを揶揄しているようだった。

    人類が接触した“エンジニア”は“怒り”を露にし、更には“復讐”という行動原理を見せた。
    実に“人間らしい”行動である。
    遺伝子構造が完全に一致するという設定も、それを示唆しているのではないだろうか?
    人を創った存在が神であるという定義ならば、“エンジニア”は人間らしいギリシア神話の神のようだ。

    そもそも『プロメテウス』における人類は明確な意図・役割を与えられた被造物なのであろうか?
    映画冒頭だけではそれを判断する事は出来ない。
    寧ろ偶発的な産物であった可能性が強い。
    短絡的な発想をすれば、それ故に“エンジニア”は滅ぼす術を携えて地球に向かおうとしたのではないか――?

    その答えを求めて、主人公は旅立つ。
    真理の探求・それに伴う行動力は、人間の理想的な生き方だ。

    そういえば、日本における映画の宣伝は「人類の起源」「人類はどこから来たのか?」であったが、同時にこの映画は「人間とは何か?」を哲学する壮大な物語のようだ。

    そもそも『エイリアン』の時からこの物語の切り口は多様だった。
    『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』でも簡潔に書かれているが、ホラー映画として恐怖表現の秀逸さは言わずもがな。それ以外に“戦うヒロイン”という女性の社会進出が肯定され始めた時代のジェンダー論等、解釈が多様なのである。

    『プロメテウス』では人類の起源の探求の動機が大企業・ウェイランド社社長の死の恐怖とその回避だった。
    人は何故、死ぬように出来ているのか?それを与えられたのか?
    死を問う事が生を問う事に他ならない。
    それを次世代の生を繋ぐ力のある“女”が問う所にも、私は意図を感じる。

    この映画は2部構成の予定である。続編が楽しみだ。一体、どんな真理に至るのか?

    細かいディテールにも解釈が出来たので、それについてもいつか書きたい。

    考察

    映画『プロメテウス』考察――“信じる”という人間性(2012/10/03)

    映画『プロメテウス』考察――神話における巨人の人類創生と人間が失った神性(2013/06/08)


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.17 Friday
      • -
      • 23:00
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      > エイリアンファン さま

      コメントありがとうございます。

      なるほど、反乱という神殺しの物語ですね。
      ショウ博士達以上のテクノロジーを持った超古代文明の人類……
      『プロメテウス』本編ではそういった存在を予感させるもの垣間見れなかったので、何とも言えないです……

      でも、超古代文明の人類を抜きにして、映画冒頭では巨人(“エンジニア”)と人間が接点を持っていたと思われる遺物の断片が現れます。
      “エンジニア”の高度な技術を教わっていた可能性はあります。

      ただ、もし人類がそれを教えてもらえなかった、すなわち人類は恩恵を賜る存在ではなかった可能性も捨てきれないです。
      映画『エイリアン』が表現するように……

      神話の中で、神々が人間の不敬・不信仰から衰退する事を恐れ、怒り、罰や見せしめとして人間を滅ぼそうとする話が多々あります。(古代エジプト神話、古代ギリシア神話、ユダヤ聖典・旧約聖書など)
      テクノロジーを持った超古代文明であっても、それがなくても、神話のように人類の不敬への怒りがあったかも知れませんね。

      しかし人類は滅ぼされず、“エンジニア”が滅んだ(船の中限定?)――

      世界の神話でも、ときどき神殺しが出てきますが、人間が神(とおぼしき者)を殺す時は大抵、偶発的(神と知らずに誤って殺した等)だったりします。
      あの記録映像のバイオハザードも、事故だったのかも……

      この映画、現時点ではやはり判断がつきかねるように出来ていると思います。

      私個人も幾つかパターンを想定……
      1)人類は“エンジニア”が想定していた予定とは異なった矮小な存在(失敗作)と見なされ、リセット扱い(殲滅)しようとした。そのためエイリアンが創られた。
      2)別の目的でエイリアンを作るために人間が創られた(人間はエイリアンを作るためのベース(苗床)に過ぎない。『エイリアン』シリーズにおいて人間がエイリアンの食料ではない所からも)

      などなど。
      私が考えたものはどれも今現在、決定的なものは何もありません(笑)

      私は十字架をショウ博士の“信念”という概念の象徴と考えています。
      それがあるから、探求しようとすると思うので。
      そして人類の起源と“エンジニア”の怒りの理由にたどり着く事になるのでしょう。

      昨年、続編のタイトルが『エイリアン:パラダイス・ロスト』となると発表がありました。来年公開予定らしいです。
      【参考】
      「プロメテウス」続編で“エイリアン”の創造主が判明?――映画.com
      http://eiga.com/news/20151116/5/

      楽しみです。
      かなり遅くなったけど、ようやくプロメテウスを見ました。

      エンジニアはなぜ人類に対して怒り襲ってきたのか?

      エンジニアはなぜ対人類用の生物兵器エイリアンを造ったのか?

      以下は俺の想像です

      エンジニアが人類を造ったけど、超古代文明の人類が物凄いテクノロジーでエンジニアに対して宣戦布告して、エンジニアと超古代人類が戦争をして窮地に追い込まれたエンジニアが戦況をひっくり返すためにエイリアンを造ったとしたら、エンジニアが急に主人公達に襲ってきた辻褄が合うと思います。

      主人公達がエンジニアに襲われるシーンではショウは十字架のペンダントを外してて、最後にアンドロイドから十字架のペンダントを返して貰ってからエンジニアの惑星に旅立ったシーンは、十字架のペンダントが続編に繋がる布石だと想像しています。

      • エイリアンファン
      • 2016/07/04 2:35 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      search this blog

      PR

      Site

      Lux†Nox

      Collection

      Click to Donate

      Useful

      OTTAVA(オッターヴァ)

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      パンズ・ラビリンス DVD-BOX
      パンズ・ラビリンス DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

      大人向けダークファンタジー。
      しかし、子供の頃を思い出させるディティール。
      現実と幻想、決して交差せずとも互いに影響しあう。
      そこで彼女は何を得るのか。

      recommend

      links

      profile

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      punto