北川健二個展 密室論 – Bleu de Lyonの仮縫いの部屋で

0

    北川健二個展 密室論 – Bleu de Lyonの仮縫いの部屋で

    日本橋眦膕X画廊にて。
    〜2011/10/10まで。

    昨年もこちらで行っていらっしゃったか、先生の個展。
    『北川健次展 目隠しされたロレンツォ・ロットが語る12の作り話』

    コラージュ、写真の展覧会。
    下記、気になった作品について。


    《廃園――<手袋を持つ少年>》
    古い本のページの上にコラージュされる、手袋と、裸婦像を覗き込むように配された若者の絵画。
    その構図にディアナとアクタイオンの話を思い出す。
    狩猟をしていたアクタイオンは水浴していたディアナ(アルテミス)をたまたま垣間見てしまう。それに気付いた処女神の怒りを買い、自身の猟犬に食い殺されてしまう。
    この主題の絵画は数多くある。
    参考:ティツィアーノ《ディアナとアクタイオン》
    http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/tiziano_attone.html
    その連想からか、緊張感があった。
    手袋はまた貞操の象徴でもあるという。それに身に着けるものの中ですぐ外したり(脱いだり)することができるものなので、エロティックな印象を与える。

    《緑の意匠論》
    小さな連続写真の横には、緑のマスキングテープが貼られていた。
    そのテープの下に、何かが隠されているのではないかと想像してしまい、惹かれる。

    《密室論 – Bleu de Lyonの仮縫いの部屋で》
    これは販売されている冊子にも大きく掲載されていたものだ。
    コルセットの女性の後ろ姿の上に配された、直線と円の幾何学図。
    女性の身体の丸みと奇妙な一致が生まれており、女性の身体を理論で計測しているようだった。


    遊びで作ったとおっしゃられていたアンティーク版画を用いたコラージュは、エルンストを意識させるものだった。
    …やはり先生は凄いと思った。私は遊びでエルンストを真似る事が出来ない。

    作品数も多く、表現も多様だったので、楽しめた。

    会場入り口すぐの所に今回のコラージュに使われた本の表紙が展示されていた。出版された年“1888”の数字が捺されている。
    その横には先生の寄稿があった。
    1888年という切り裂きジャックが霧の街を騒がせ、エレファントマン(19世紀に身体の極度な奇形で有名になったコメディアン)が見世物小屋の花形となり、ゴッホの耳切り事件が起こり、シュルレアリスムの画家・キリコが生まれた年。
    不安と不思議の時代への関心が綴られていた。

    “切り裂き”と“仮縫い”というキーワードに繋がりを感じるのはコラージュの“分解”と“再構築”との類似のためだろう。

    緑という色についても、「自然を象徴する色でありながら、人工的な色だ」と先生。
    そのデリケートな色『緑』について、探求したいとおっしゃっていた。
    私もそう思う。RGBで緑を表現しようとすると、これが難しい。値の僅かな違いで凄く印象が変わる。

    ちょっと興味深いお話だった。

    北川健二先生 公式サイト
    http://kenjikitagawa.jp/


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.01.21 Tuesday
      • -
      • 00:02
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      search this blog

      PR

      Site

      Lux†Nox

      Ranking

      PVアクセスランキング にほんブログ村

      Collection

      Click to Donate

      Useful

      OTTAVA(オッターヴァ)

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      パンズ・ラビリンス DVD-BOX
      パンズ・ラビリンス DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

      大人向けダークファンタジー。
      しかし、子供の頃を思い出させるディティール。
      現実と幻想、決して交差せずとも互いに影響しあう。
      そこで彼女は何を得るのか。

      recommend

      links

      profile

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      punto