魔術★錬金術 -ヤン・シュヴァンクマイエル、マックス・エルンスト、上原木呂展-

0
    JUGEMテーマ:展覧会
    JUGEMテーマ:コラージュ

    魔術★錬金術 -ヤン・シュヴァンクマイエル、マックス・エルンスト、上原木呂展-

    信濃町・The Artcomplex Center of Tokyoにて
    http://www.gallerycomplex.com/
    〜2011/9/30まで。

    「シュルレアリスム=魔術的芸術」を共通テーマに、日本・チェコ・ドイツの3人のアーティストが競い合う展覧会。
    シュヴァンクマイエル氏のコラージュ作品、原宿での展示ではエロスが強かった。こちらではアルチンボルトやエルンストの影響を強く意識させた。

    コラージュの巨匠、エルンストの作品も間近に見れた事が嬉しい。
    『百頭女』の原画。
    百頭女 (河出文庫)
    百頭女 (河出文庫)
    私は文庫でしか見ていなかったので、細部まで見れる良い機会であった。
    北川先生の受け売りだが…コピー機も拡大縮小も無かった時代、2〜3つのパーツでこの独自性のある作品が作っている。エルンストの素晴らしいセンス。

    浮世絵を使った作品。西洋の視点から見れば、異国情緒溢れて正に“異界”だろう。

    コラージュなので反復するように同じモティーフが現れる。
    どれも同じであって、同じではない。

    上原木呂氏の制作パフォーマンスがあった。
    目玉と獣頭人身の女性像に囲まれた、ロミオとジュリエットの婚礼の舞台。
    原宿のシュヴァンクマイエル展にあった『ファウスト』『アリス』の舞台装置を思い出した。

    制作の傍ら、短いパフォーマンスを披露して下さった。
    舞台前方にいたマネキンを使い、まるで人形浄瑠璃のようだった。それはジュリエットに見立てられている。

    少しお話しする事ができた。奥行きを出すための構造や、それがたった2本の梁と6枚の壁のみで支えられていること、シュヴァンクマイエル展の展示、前述の『ファウスト』『アリス』の舞台装置を手掛けていらっしゃったとの事を伺った。
    お話を聞けたことやその内容にただ感動していた。


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.01.21 Tuesday
      • -
      • 20:55
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      search this blog

      PR

      Site

      Lux†Nox

      Ranking

      PVアクセスランキング にほんブログ村

      Collection

      Click to Donate

      Useful

      OTTAVA(オッターヴァ)

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      パンズ・ラビリンス DVD-BOX
      パンズ・ラビリンス DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

      大人向けダークファンタジー。
      しかし、子供の頃を思い出させるディティール。
      現実と幻想、決して交差せずとも互いに影響しあう。
      そこで彼女は何を得るのか。

      recommend

      links

      profile

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      punto