大森 澪展

0
    JUGEMテーマ:個展
    大森 澪展

     神保町・クラインブルーにて。
    11/28まで。

    腐食を使った銅板画は、その技法を全面に押し出す事は無く、まるで水墨画のようだった。

    青みのあるインクが、水を連想させもした。

    細密な植物画のようで、こういう表現はやはり、四季折々の自然に思いを馳せる日本人の感性だと思った。

    作家・作品紹介ページ
    大森 澪
    http://www.agmuse.co.jp/item/c10/c8/


    ふとした事から古本を譲り受けました。
    それはかなり古い本で…これはお爺様の蔵書だったそうです。
    江戸時代末期〜明治期の本でした。
    題名は下記。

    『諏吉便覧』
    『大雜書三世相』
    『洛地準則』(これは明治時代出版されたものと明記されていた)

    ざっと内容を見た際に、絵などから八卦や暦、年中行事?について書いてあるようだった。
    近代、こうしたものはないがしろにされたと思っていたので、当時こうして書籍化していたという事実が私にとって。発見だった。

    内容…日本人なのに読めない日本語orz

    ちょっと調べた所、やはり想像したもの通りのもののようでした。
    『諏吉便覧』は日の方位の吉凶を見るためのもの、
    『大雜書三世相』
    『洛地準則』は家相というものについて…風水のようなものだろうか。

    今の日本人はこうしたものを意識しているのだろうか。
    多少の解釈の変動はあるのだろうか。

    そんなことを考えてしまった。


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.07.11 Saturday
      • -
      • 08:23
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      search this blog

      PR

      Site

      Lux†Nox

      Ranking

      PVアクセスランキング にほんブログ村 VerbaVolant,ScriptaManent. - にほんブログ村

      Collection

      Click to Donate

      Useful

      OTTAVA(オッターヴァ)

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      パンズ・ラビリンス DVD-BOX
      パンズ・ラビリンス DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

      大人向けダークファンタジー。
      しかし、子供の頃を思い出させるディティール。
      現実と幻想、決して交差せずとも互いに影響しあう。
      そこで彼女は何を得るのか。

      recommend

      links

      profile

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      punto