アンティークプリント展

0

    アンティークプリント展?


    度々開催されるこの展示即売。
    二子玉川・眦膕阿砲董3/28まで。

    そこで知ったアンティークのボタニカルアートにすっかり魅せられている。

    版画は100年前の複製・印刷物に過ぎないが、それでも今は味わえない手仕事であるとも思う。
    昨日の『アンティーク絵葉書展』を通して、現在のオンデマンド印刷やグラビア印刷とも異なる事を再認識した。

    時計草コレクションを増やした。今回購入したものは以下。
    William Curtis"The Botanical Magazine"No.28

    William CurtisThe Botanical MagazineNo.28

    ウィリアム・カーティス
    http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/special/cartishp/cartistop.htm

    前回とはまた異なる雰囲気の時計草。
    http://chimere-aile.jugem.jp/?eid=56
    種類も、画家も違うので当たり前だが。
    その前にもウィリアム・カーティスの時計草を購入したが、それと比べ花は大きめに描かれている。

    時計草。
    私はこの受難の花に情熱を持っているようだ。

    今回のボタニカルアート以外に、会場になった伊東屋で、思わぬ出会いもあった。
    時計草のインポートカード。

    時計草インポートカード

    赤と青の時計草が絡み合うアンティークのジュエリーボックスのようなデザイン。開くと中にも時計草が描かれている。このデザインは日本では生まれないだろう。

    キリスト受難の花となったこの花は形も奇抜で、それ故に人を惹き付ける。

    展示会主催者曰く、時計草のコレクターは多いようだ…実際、行かれなかった前回のアンティークプリント展に出ていたパンクラース・ベッサの時計草は売れてしまったそうだ。


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.01.21 Tuesday
      • -
      • 23:36
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      search this blog

      PR

      Site

      Lux†Nox

      Ranking

      PVアクセスランキング にほんブログ村

      Collection

      Click to Donate

      Useful

      OTTAVA(オッターヴァ)

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      パンズ・ラビリンス DVD-BOX
      パンズ・ラビリンス DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

      大人向けダークファンタジー。
      しかし、子供の頃を思い出させるディティール。
      現実と幻想、決して交差せずとも互いに影響しあう。
      そこで彼女は何を得るのか。

      recommend

      links

      profile

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      punto