映画『アバター』感想

0
    JUGEMテーマ:映画の感想

    明けましておめでとうございます。
    本年も宜しくお願い致します。

    遅ればせながら、新年のご挨拶を。


    新年初映画。
    『アバター』
    http://movies.foxjapan.com/avatar/

    感じる映画だった。


    これは『THIS IS IT』でも使った言葉であるが、それとは全く異なる。
    理詰めで語る映画では無いのだ。
    年始早々、良作を見た。

    言うなれば自然の調和を“感じる”映画。
    遠未来の遠い惑星『パンドラ』で、原住民族『ナヴィ族』と『アバター』を通してそれを擬似体感する。

    物語に出てくる地球人は破壊の限りを尽くす“エイリアン”である。
    森の下にある“資源”とそれがもたらす“資本”しか眼中に無い“会社”の人間とそのためにナヴィ族を“武力制圧”を以て黙らせようとする軍人。
    欧米の抱える――それは人類が抱える闇。

    「ナヴィ族に英語を教え、薬や様々なものを提供したが、彼らは生活習慣を文化的なものに変えない」と憤慨する資本主義者。
    その言葉に1970年代までアボリジニへの欧米化教育政策を思い出させる。もっと言ってしまえば日韓併合時の日本語教育の件も…
    自身の文化を“優良”とし、それを押し付けるやり方。そこに原住民族への文化への敬意は無い。

    環境問題、文化の相互理解の困難さ、我欲、止められない争い…

    そんな問題提議と、一方的なそれに異を唱え戦う。
    物語はそれこそ普遍だが、やはり理詰めではない。


    これは見て“感じる”映画なのだ。

    そして、この映画を観て“感じる”ことが出来るなら、人は“絆”による繋がりをまだ持っているという事ではないだろうか。
    絆の繋がりの先が、自然であったり他人であったり。
    解り合えるかもしれない、という事の。


    ジェームズ・キャメロン万歳。


    ネタバレ考察
    <グレースの死の必要性>
    アバターを使いナヴィ族の信頼を得ていた最初の人間であろう、女性科学者グレース。
    人間の凶弾に倒れ、瀕死の重傷を負った彼女を救うために主人公・ジェイクはナヴィ族が信仰する、魂と自然の調和の意思である『エイワ』に委ねる。
    しかし彼女の傷は深く、彼女は死ぬ。死の間際に彼女は呟く。
    「エイワを感じる…」
    グレースの魂が、エイワと一体になるような描写がされる。

    このファクターは必要だった。
    最終決戦の折、追い詰められたナヴィ族に力を貸すエイワ。
    本来『エイワは自然の調和を維持するので、誰の味方にもならない』という。
    にもかかわらずエイワが“戦いに力を貸した”のは、ジェイクが戦いの前にエイワと絆を結び語りかけただけでなく、死んだグレースが持つ、人類の自然破壊の記憶をエイワが見たためではないだろうか。

    この描写が、このエンディングを“機械仕掛けの神”という三文芝居にしない。

    ここで止めないと、森は焼き払われ、失われる。
    人類は同じ過ちを繰り返すということの表現のようだった。


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.27 Sunday
      • -
      • 20:32
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      search this blog

      PR

      Site

      Lux†Nox

      Ranking

      PVアクセスランキング にほんブログ村

      Collection

      Click to Donate

      Useful

      OTTAVA(オッターヴァ)

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      パンズ・ラビリンス DVD-BOX
      パンズ・ラビリンス DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

      大人向けダークファンタジー。
      しかし、子供の頃を思い出させるディティール。
      現実と幻想、決して交差せずとも互いに影響しあう。
      そこで彼女は何を得るのか。

      recommend

      links

      profile

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      punto